神経性疼痛の原因|痛みを感じる負のスパイラル

ビリビリ、チクチクの症状を解消

生活の中で発生する

患者と医者

神経性疼痛というのは、日常生活の中で生じる痛みの中でも特に重要性の高い症状だと言われています。神経性疼痛に心当たりがあるという方は、早めにクリニックなどで調べてもらうと良いでしょう。

もっと知ろう

3種類ある痛み

診察室

身体に発生する痛みには様々な種類があります。日本で生活している人の約2割が何かしらの痛みで悩んでいると言われているのです。そもそもなぜ人は痛みを感じるのでしょうか。それは身体の危険信号を分かりやすく気づかせるためです。痛みを感じているということは、病気や怪我をしている可能性があります。つまり痛みは自分自身の生命を守る重大なトラブルを避けるために備わっている、とても重要な機能なのです。痛みといっても、その種類は1つではありません。そして痛みはおおまかに3つの種類に分けることが出来ます。1つ目は様々な要因で神経障害が起こり、それが原因で発生する神経性疼痛です。そして2つ目は神経性疼痛とは違い、火傷や打撲のような炎症、刺激によって発生する侵害受容性疼痛があります。そして3つめが人間関係や精神的なストレスが原因で発生する心理的な痛みです。

3種類ある痛みの中でも、慢性的な痛みに分類される神経性疼痛は、傷や病気の症状が治っているのにもかかわらず痛みが発生し続ける病気です。傷や炎症が見えないことから、神経の障害が痛みを引き起こしているとされています。神経性疼痛は急性的な痛みの症状を適切な処置をしないまま、放置してしまった際に発生する確率が高くなります。慢性的な痛みは交感神経と運動神経を刺激し、血管収縮と筋肉の緊張状態を生み出します。そうすると血液の流れが悪くなり、痛みを起こす物質を生成するという負のスパイラルに陥ってしまうのです。

病気の症状を紹介

カウンセリング

身体にとって必要な要素である神経になんらかの異常が生じることによって、生じるのが神経性疼痛と呼ばれている病気です。この病気に心当たりがあるのであれば早めに治療してもらいましょう。

もっと知ろう

神経に関する病気

ドクター

神経性疼痛に悩まされている方は、意外にも多いと言われています。この病気は他と比較しても感覚的な症状が現れますので、中々周囲の人間に理解をしてもらえないことが多くあるのです。

もっと知ろう

神経が阻害される

悩むレディー

突然の事故や病気によって、神経が傷害されると神経性疼痛に陥ってしまうことが考えられます。この病気は、発症後期間が経つにつれて症状が重くなってしまうという点が特徴です。

もっと知ろう

脳のバランスを整える

聴診器とキーボード

神経の乱れによって生じる病気の1つが、神経性疼痛と呼ばれる病気です。これを改善する為には、症状発生の原因を突き止めて脳内物質分泌量のバランスを整えるなどの治療方法を実行することが必要だと言われています。

もっと知ろう