神経性疼痛の原因|痛みを感じる負のスパイラル

女医

病気の症状を紹介

カウンセリング

人間の身体には無数の神経が張り巡らされていますが、この神経というのは生命活動にとって非常に重要な役割を担っているとされています。例えば、神経は身体に何らかの異常が生じた際に痛みという情報として脳に異常を知らせてくれます。痛みによる情報を脳がキャッチすることによって、今自分は危険な状態にいるのだと認識することが可能なのです。もし痛みが発生しないと、身体が危険な環境にいるということを把握できなくて、大変な事態に陥ってしまう可能性もあります。その為痛みというのは、身体が元々備えている危険信号だとも言えるのです。その信号を伝えてくれる役割の一部を担っているのが、身体に無数に存在する神経なのです。普段日常生活をおくる中で自身の神経に着目することは少ないかもしれません。しかし、このページを閲覧したことを機に、体内を巡っている神経について意識を傾けてみるのも良いかもしれませんよ。

生命活動に関して重要な役割を担っているのが神経なのですが、何らかのアクシデントなどによってこの神経が傷ついてしまうことがあります。傷を負ってしまうと、身体の痛覚や触覚などに異常をきたすことが予想されます。例を挙げるとすれば、神経性疼痛の発症でしょう。神経性疼痛というのは、身体の神経が傷ついてしまうことによって生じる病気だという点です。この病気に陥ってしまうと、これまで正常に機能していた痛覚や触覚などが乱れてしまうので、日常生活に支障をきたすことが予想されます。例えば人それぞれ程度に違いはあるのですが、まず物を触った時などにこれまで感じていた感覚は無くなるでしょう。少し触れただけなのに、強い刺激を感じることもありますし、冗長的にピリピリとした感覚に襲われることありえます。神経性疼痛の症状に心当たりがあるという方は、なるべく早めにクリニックで治療してもらうというのが1つの選択肢でしょう。何故早めに治療した方が良いのかというと、神経性疼痛を放置しておくと徐々に症状が重くなってしまうことが懸念されるからなのです。